コラム

特別栽培とは?無農薬栽培との違いを解説。新潟県の米農家さんが作る美味しい特別栽培米も紹介!

こんにちは、新潟産こしひかりHIBARIの吉田です。

HIBARIでも取り扱いのある特別栽培米、最近よく耳にすることもあるかと思いますが、どんな特徴があってどのように良いのか?

今回は特別栽培米について紹介していきます。栽培米って無農薬栽培と違うの?
HIBARIで食べられる美味しい特別栽培米の農家さんもご紹介!!

「無農薬」「減農薬」という言葉を使って農産物を売ってはいけない

まず初めに安全なお米と言って思い浮かぶのは「無農薬」「減農薬」といったキーワードではないでしょうか?
しかし、この「無農薬」「減農薬」という概念があいまいであるために、このキーワードを使ってお米を販売することは禁止されています。

「無農薬」という言葉に対して消費者が期待することは、「農薬が一切かかっていない」ことの保証です。しかし、日本の田畑は小面積で、隣の生産者の畑との境目が数十センチということもよくあります。いくら自分の畑で全く農薬を使用しなかったとしても、隣の畑でいつものように農薬を使用していれば、それが風で飛んできて、こちらの作物にかかります。つまり、自分の畑で全く農薬を使わなくても、周囲で使われていれば、作物に農薬成分が付着する可能性があり、「無農薬です」とは言い切れなくなってしまうのです。

「減農薬」に関しても生産者自身が「いつもより農薬を減らしているから減農薬だ」と主張しても、どの程度少ないのか、それは他の生産者の一般的な使用量と比べて本当に少ないのか、などがわかりません。そのため一律の基準を設ける必要があったのです。

特別栽培米ってどんなお米?

特別栽培米とは、簡単に説明すると「生産する県や地域によって定められた慣行栽培と比べて、農薬使用回数と、化学肥料の窒素成分量を半分以下に抑えて栽培されたお米のことを言います。

そして、そのような農作物を販売するときに、生産者や販売者が守るルールが記されているものが「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」で、平成4年に農林水産省によって制定されました。

こうして平成4年からは丹精込めて農薬を減らしたお米だということをアピールしたいとき、ガイドラインの規定を満たしていれば「特別栽培米」と表記することができます。

『特別栽培農産物に係る表示ガイドライン』農林水産省ホームページ[PDF

ひと目で特別栽培米とわかる認証制度もあります

最近では新潟県などの県や地域が、ガイドラインに基づいて認証を行う制度があります。認証されたお米には専用のマークやシール表示し、ひと目見ただけで特別栽培米だと言うことがわかる制度になっています。農家さんも胸を張って自慢のお米を販売することができ、お客様も安心して美味しい安全なお米を購入することができます。
皆さんの今まで購入したお米のパッケージにも認証マークが付いているかも!
認証地域によってデザインもかわいいものやパキッとしたもの様々です、ぜひ安心安全のマークを探してみてください!

美味しいHIBARIのお米の中から今回は、特別栽培米を作っている農家さんを2人ご紹介!

GONBEI

GONBEIのお米は、はっきりとした粒立ちと芯のあるうま味、繊細な甘みが特徴の余韻がある美味しいお米です。

新潟県十日町市、信濃川の左岸に位置し、早朝は霧がかかり夕暮れは早い、夜と朝の寒暖差がお米を整える。4月まで残った雪が溶け、冷たく綺麗な水が美味しいお米を作る。田んぼに合鴨、ヤギを放すことで雑草、害虫の駆除してもらい、除草剤は撒きません。
卵の殻や有機の肥料にもこだわったお米は、米・食味分析鑑定コンクールにて過去、入賞したこともあります。

YOSHIHARU

YOSHIHARUのお米は、一粒ひとつぶが大きく噛んだ瞬間、柔らかな甘みと瑞々しい食感を感じることができる美味しいお米です。

新潟県上越市、代々受け継がれてきた土地、農法を守りながら、自身で開発したオリジナル肥料を開発し、使用している農家さん。
かに殻と米ぬかでできた海由来の肥料を使用することで、かに殻の持つカルシウムと米ぬかのミネラルによって微生物が豊富な土壌を作りあげます。

農薬の使用も田植え初期に一度除草剤を使用するだけで、通常より80 %以上削減し、除草剤の成分は苗が幼い頃に使うため、お米に含まれることはありません。

こだわりある農家さんのお米をファーマーズセレクトでお届け

農薬や化学肥料を使わずに特別栽培でお米を育てるのは、簡単ではありません。病気に負けず、天候に左右されない力強いお米を育てるには、農家さん絶え間ない努力と工夫と忍耐が必要です。

また化学肥料を使わないから美味しい、農薬を使っているからまずいとも一概に言えません。我々HIBARIでは、それぞれの農家さんのこだわりがあって美味しいお米を皆さんの食卓に届けています。皆さんには農家さん背景も想像し、感じながら食べていただければ幸いです。

様々なこだわり、地域の特色を活かし、美味しいお米を作っている農家さんがHIBARIにはいます!
ファーマーズセレクトでは毎週、違う農家さんのお米をお届け!